妊娠中の酷い便秘対策

妊娠に便秘はつきものなの!?

妊婦さんにとって便秘は深刻な悩みのひとつでもあります。
元々便秘がちであった方は更に症状が悪化し、何週間もお通じがこなくなってしまったという声をよく聞きます。
また今までまったく便秘とは無縁だったのに、妊娠した途端便秘になって戸惑っている方も大勢いらっしゃることでしょう。
中にはなったことがないから症状に気が付かず、知らず知らずの間に便秘が酷くなってしまったというケースもあるようです。
便秘はお通じがあれば大丈夫、というワケではありません。
お腹の張りや不快感があったり、便の状態がよくない、排泄後もすっきりしないなど、これらの症状があればそれは立派な便秘です。
便秘になったことがない方は妊娠したら特に気を付けてチェックしておかなければなりませんね。

 

とはいえ、どうして妊娠すると突然便秘になってしまうのでしょうか?
そのメカニズムは妊婦さん特有の身体の変化にありました。

 

まず、妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが活発に分泌されるようになります。
このホルモンは流産防止のために子宮の収縮を抑えるという重要な役割があるのですが、同時に腸が便を送り出すぜんどう運動も抑制してしまいます。
これにより便は腸内での動きが非常に鈍くなり、長く滞留することで水分が吸収され硬くもなってしまうので、より排泄されにくくなってしまいます。
ホルモンパランスも大きく変化するため自律神経失調症と似たような状態になって、更に腸の動きが悪くなっているとも考えられています。

 

またお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、様々な影響が出ます。
子宮と腸は密接しているので、子宮が大きくなると自然と腸を圧迫してしまいます。
圧迫された腸は動きはもちろん、血流も悪くなるので便は溜まっていく一方です。
そして妊娠後期になればなるほど運動は制限されるわけですから、外側から腸の動きを促すことはできません。

 

これら複数の要因が重なり、結果として妊婦さんは酷い便秘になってしまいます。
便秘が悪化すると痔を発症する確率がぐっと高くなります。それは水分を吸収されつくした硬い便が肛門を傷つけてしまうからです。
更に便が腸内に滞りすぎると腐敗が進み、有毒なガスが発生してしまいます。
体外に排出し切れなかったガスは腹痛やお腹の張りをもたらし、結果として赤ちゃんへ悪影響を与える可能性が考えられます。

 

妊婦さんが便秘になるのは自然なことではありますが、赤ちゃんのためにも毎日スッキリして、少しでもストレスのない生活を送りたいものですね。

便秘を解消したいけど、薬には頼りたくない…。妊娠中でも安全な対策を考える

いざ妊娠中に便秘になり、お医者さんに相談してみたけど薬しかくれなかった…なんていう方が殆どかと思います。
主にラキソベロンという薬が一般的に処方されているようですが、効果があったのは最初だけで、10錠以上飲んでもお通じが来ないというケースがあるようです。
下剤はどうしてもクセになりやすく、効果がないからと薬の量が増えてしまう傾向があります。
いくら病院で処方されているからといっても、赤ちゃんのことを考えると妊娠中に薬を多く飲むのはあまりいい気がしませんね。

 

中にはお医者さんに便秘だと打ち明けることが恥ずかしいという方もいらっしゃいます。
今まで便秘とは無縁だった方などは特にそう思われるようです。
かといって、もちろん妊娠中に市販されている下剤や浣腸を使っては絶対にいけません。
ですが何週間もお通じを待っているのではお腹も苦しく、妊婦さんの不快感やストレスはたまる一方です。

 

薬以外の解消方法としては、運動や食事が有効です。
他にもストレスをなるべく溜めないようにしたり、睡眠を十分にとるということも大切です。
とはいえ、妊娠初期ならまだしもお腹が大きくなって来れば激しい運動は厳禁です。
なのでメインとなるのは食事による便秘解消となるわけですが、その際は無添加のものをオススメします。
妊婦さんと赤ちゃんはへその緒で繋がっているわけですから、食べるものにはできるかぎり気をつけて摂取してください。

カロリー制限やつわりで食事も大変!

便秘に有効な要素として、食物繊維や乳酸菌などがあげられます。

食物繊維

食物繊維は野菜や果物に多く含まれ、お腹の中をクリーンアップして、排泄を促す効果があります。
ただし注意していただきたいのは、食物繊維には不溶性と水溶性の二種類があり、不溶性のものを過剰に摂取すると便秘がより悪化する場合があります。
滞留している硬い便を柔らかくしてくれる要素として、水溶性食物繊維が有効です。
水溶性食物繊維は水分を含むとゼリー状になり、固くなった便を優しく包み込むように腸内の排出をサポートしてくれます。
その過程で便に再び水分を与えてくれるので、排便時の肛門へのダメージもかなり軽減されます。

 

基本的にどちらもバランスよく摂取するように心がけましょう。

 

乳酸菌

乳酸菌は主に乳製品に含まれており、善玉菌を増やして腸内環境を改善することにより、便秘解消を促します。
ですが乳酸菌は腸にたどり着く前に、その大半が胃や十二指腸で死滅してしまうといわれています。
なので一定量を毎日食べ続けることが重要になってきます。

便秘に有効な食品例

食品名

要素

カロリー(100g辺り)

特徴

ヨーグルト

乳酸菌

62kcal

乳酸菌が腸内環境を整え、便秘を解消してくれる
じゃがいも

食物繊維(不溶性多め)

76kcal

淡泊な味でも、ビタミンCを多く含んでいる
玄米

食物繊維(不溶性多め)

165kcal

完全栄養食と呼ばれるほど、栄養価が高い
りんご

食物繊維(水溶性多め)

54kcal

皮ごと食べることで、より多くの成分を摂取できる

 

ですが、ここで注目していただきたいのが、それぞれの食品に含まれるカロリーです。
妊婦さんの中には厳密なカロリー制限がかけられている方も多く、できるかぎりカロリーは抑えた食事を心がけたいものですよね。
特に便秘解消のために毎日食べ続けるものであれば尚更です。

 

またつわりが酷くて食事もままならないとあっては、便秘解消のために食品を選んでいる場合ではありません。
妊娠してから食べられないものが増えてしまったり、カロリーを考えなくてはいけなかったりと、妊婦さんの食事は大変です。
便秘解消のための食品が一つで済めば、それ以上楽なことはありませんね。

妊娠中の酷い便秘を解消するために必要なこと

以上のことを振り返ってみると、妊娠中の便秘解消に必要な要素が見えてきます。

 

水溶性食物繊維が十分に含まれていること
添加物や保存料などが一切含まれていないこと
低カロリーであり、味に変なクセなどがないこと

 

これらをすべて含んだサプリメントが実はあるんです!
それが自然素材100%にとことんこだわった「するっと抹茶です。

 

「するっと抹茶」は妊娠さんでも安心して飲めるノンカフェイン・無添加で、残留農薬の検査も徹底的に行われています
便秘解消に欠かせない水溶性食物繊維はもちろん、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も豊富に含まれています。
ビタミンやミネラルも贅沢に配合されていながら、飲みやすい抹茶味なので毎日楽しみながら飲み続けられます。
1杯に含まれるカロリーも約26kcalと低カロリーなので、カロリー制限中でも問題なく摂取できます。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。
「するっと抹茶」を飲めば、妊婦さんにも赤ちゃんにも嬉しいスッキリとした毎日を送ることができますよ!